介護施設の種類について

特別養護老人ホームと養護老人ホームの違い

  特別養護老人ホーム  養護老人ホーム
施設の目的

中〜重度の要介護高齢者が身体介護や

生活支援を受けて居住する施設

 生活環境や経済的に困窮した高齢者を

擁護し、社会復帰させる施設

入所基準

(原則)要介護3以上

 自立した高齢者
サービス内容 身体介護を中心とした自立支援  食事の提供、健康管理を含む自立支援
設備 居室、浴室、トイレ、食堂など
居室タイプ 個室/多床室
費用

入居一時金:なし

月額費用:8〜13万円

入居一時金:なし

月額費用:0〜14万円

入居難易度 入居待機者が多く、数ヶ月以上待つ場合がある  市区町村が対象者の調査を行い入居を決定
【特別養護老人ホームとは】

身体的または精神的に障害があり介護を常に必要とする高齢者が、自宅で介護を受けられない場合に、介護を受けながら生活をするための施設です。
そのため、施設の主な目的は高齢者の「介護」です。特養は介護保険サービスの施設であり、介護保険を利用して生活を送ります。
 
 【養護老人ホームとは】
一方、養護老人ホームは介護保険サービスの施設ではありません。
養護老人ホームは環境上の理由、経済的理由で困窮した高齢者が、自立した日常生活を送り、社会活動に参加できるようにするための施設です。そのため、施設の主な目的は高齢者の「養護」であり、本人の社会復帰を支援します。

 
このような違いから、特別養護老人ホームでは施設と本人が「契約」して入所しますが、養護老人ホームは市区町村が本人の調査を行い、入所の必要性があれば「措置」として入所が決まります。
 
 

グループホームと有料老人ホームの違い

  有料老人ホーム  グループホーム
認知症高齢者の入居 施設の受け入れ体制により異なります  共同生活を通じて生活リハビリを行ないます
自立支援サポート

 ◎
地域密着度 施設により異なります  ◎
介護サポート 寝たきりでも可能

 ◯認知症ケアに特化、

寝たきりではケアが出来ない場合もあります

医療・介護ケア  △介護師の配置の義務無し
居室広さ ◎13㎡以上  △7.43㎡以上
入居費用 施設により異なります  数十万円台が主流
  【有料老人ホームとは】

有料老人ホームは、手厚い生活支援・介護サービスなどを提供し、入居者に満足度の高い生活を送ってもらうことを目的とする施設です。
特養や老健といった公的施設とは異なり、有料老人ホームの運営者は社会福祉法人や民間企業になります。
 
【グループホームとは】
グループホームは、要支援2以上の認定を受けた認知症高齢者で、施設と同じ自治体に住民票がある人を入居対象とする施設です。
入居者の定員は他の高齢者施設と比べると少なく、入居後は認知症に対する理解の深い専門スタッフから介護サービスや機能訓練等を受けつつ、入居者同士で料理、掃除といった家事を分担しながら生活します。
家庭的な雰囲気の中で入居者の精神的な安定と自立支援を行ないつつ、認知症の症状を抑制しその進行を遅らせることが施設としての目的です。
ただし、もし入居後に重度の要介護状態となった場合、あるいは医療ケアが必要となった場合は、退去して特養や介護付有料老人ホームなど別の施設への移転を検討しなければならないケースもあります。
 
 

サービス付き高齢者向け住宅について

「サービス付き高齢者向け住宅 」とは、高齢者単身・夫婦世帯が居住できる賃貸等住宅です。
高齢者にふさわしいハード(規模・設備)と、見守りサービス等の基準を満たしています。
【規模・設備】
・各専用部分の床面積は原則25㎡以上
・各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたもの
・バリアフリー構造

段差の無い床

手すりの設置

廊下幅の確保

【見守りサービス】
安否確認サービスと生活相談サービスが必須の見守りサービスです。ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、これらのサービスを提供します。
[ケアの専門家]・社会福祉法人/医療法人/指定居宅サービス事業所等の職員・医師・看護師・介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員